修学院の歩み-李登輝先生と久保田先生2003年4月、久保田信之院長(当時 学習院大学教授)が中心となっていた「久保田ゼミナール」を基礎に、李登輝氏(中華民国・台湾元総統)の提言を受け、「日本李登輝学校 修学院」としてスタートしました。

以後、日本文化や教育問題を中心に、各界の著名な方を講師にお招きした勉強会の開催、日本精神が今も残る台湾への研修旅行の企画、李登輝先生による最高指導者研修の開催などを行ってきました。

2008年より、東京都に特定非営利法人として認可され、NPO法人として活動います。

定例勉強会・イベントのご案内についてはこちら:「講義・イベント情報一覧」

修学院と台湾の関係についてはこちら:「日本李登輝学校として」